LOADING

Type to search

途上国の子どもたちに映画を届けよう

Uncategorized

途上国の子どもたちに映画を届けよう

Share
認定NPO法人World Theater Project

途上国の電気の無い地域に住む子どもたちに将来の夢を聞くと、「先生」や「医者」がほとんどだそうです。情報が少ないので身近な大人の姿からしか、将来の自分の姿を想像できないのかもしれません。そんな子どもたちの夢の選択肢を増やすため、子どもたちに映画を届けている団体があることをご存じですか?

以下より私たちGochisoが支援しているプロジェクトの一つ
NPO法人World Theater Project(以下WTP)の「移動映画館事業を通して、途上国の子どもたちに映画を届けよう」というプロジェクトについて紹介します

認定NPO法人World Theater Project
▲NPO法人WTPのロゴ


NPO法人World Theater Projectとは?

「生まれ育った環境に関係なく、子どもたちが夢を持ち人生を切り拓ける世界をつくる」というビジョンのもと、2012年9月に設立し(2014年に法人化)、これまで約4万人の途上国の子どもたちに映画を配達することで、夢と笑顔を届けてきました。

そもそもなぜ映画なのか?
代表の教来石小織さんは「映画は生きる目的を与えてくれるもの」と言います。
電気の無い、ある途上国の子どもたちに「夢」を聞くと、答えられないか、先生とばかり答えるそうです。なぜなら電気が無いことで、テレビも映画もありません。だから自分の身近な大人の姿からでしか「夢」を想像できません。つまりそもそもこの世界にどんな夢があるのかすら知らないのです
だからこそ、情報が限られている発展途上国の子どもたちに、映画を通して、考える力や新しい世界をもたらし、それが未来への扉になるのです

NPO法人WTPのプロジェクト

Gochisoで支援できるのは「移動映画館事業を通して、途上国の子どもたちに映画を届けよう」というプロジェクトです。
移動映画館事業とは、実際にどのようにして上映しているかというと、映画配達人たちが発電機、プロジェクター、スピーカーなどの上映機材をトゥクトゥク(三輪)で運び、村の広場や学校の教室で即席の映画館をつくっています。映画配達人は、カンボジアでトゥクトゥクドライバーとして働くカンボジア人たちが、副業として行っています。

認定NPO法人World Teater Project, 配達の様子
▲上映器具の配達の様子


上映される作品は、「夢が広がる、努力する大切さを教えてくれるなど、子どもたちの心を育む作品」を選定し、権利元から上映許可を得て契約し、その後、現地声優協力のもと、現地語への吹替え版を作成しています。

一人の子どもにつき上映にかかる費用=100円です
Gochisoではこれを支援することが出来ます。
あなたの「ごちそうさまでした」が途上国の子どもたちの「夢」を育みます!

認定NPO法人World Theater Project, 上映の様子
▲上映の様子

NPO法人WTPの持続可能な開発目標(SDGs)での位置づけ

持続可能な開発目標(SDGs)での位置づけは、4番の「質の高い教育をみんなに」5番の「ジェンダー平等を実現しよう」の2つです。

SDGs, No4

1, 4 教育の問題は、あらゆる時代、場所において大きく異なっています。例えば先進国の抱える教育の問題と、途上国の抱える問題は違うなどです。また今と昔でも大きく異なるはずです。
しかし、「学ぶこと」の大切さはいつ、いかなる場所でも変わらないのではないでしょうか。さらにその「学びの機会」は、国語や算数などの教科からだけでなく、あらゆる場面で訪れるはずです。
その一つがNPO法人World Theater Projectが行っている「移動映画館事業」ではないでしょうか?

SDGs, No5

2, 5性別などの理由で雇用や、給与で差別をしないこと。また女子の就学率を上げる。そのために「女だから」や「男だから」などの役割分担の決めつけをやめて、固定概念にとらわれない「誰もが自分らしく生きられる社会」を実現することが必要です。
※実は他の多くの目標には達成期限が設けられていますが、5番の「ジェンダー平等を実現しよう」には期限が設けられていません。これは2030年までに達成すればよいというわけではなく、今すぐ解決しなければならないという国際社会の意思が込められています。

NPO法人WTPの代表者の声

後ほど公開予定

NPO法人WTPでボランティアとして参加している人の声

後ほど公開予定

記事の終わりに

「物語を伝えるコンテンツには、人間の価値観やマインドセットを変える働きがある」ということがWorld Theater Projectの記事を作成する中で知りましたが、それにとても共感します
例えば、本を読む前と、読んだ後で考え方が少し変わったり、SDGsについて知る前と知った後で、自分の行動に変化が現れたり、「価値観(マインドセット)」が変わる瞬間があると思うからです
だから途上国の子どもたちも、映画を見たことで、自分の中に何か今までとは違う「変化」を感じた子がいると思います。それが「学び」であり、成長につながる瞬間なのではないかと思います。

今回の記事を通して、「自分の生まれ育った環境が恵まれていること」
「自分次第で知の扉を開くことが出来る環境にいること」
また「そうではない場所がまだ存在すること」に改めて気づかされました。
世界中の誰もが「自分らしく生きること」が出来る社会の実現のために、ぜひGochisoを通して、NPO法人WTPを支援してみてください!

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *