災害救助犬やセラピードッグの育成を支援しましょう

認定NPO法人日本レスキュー協会

〒664-0832 兵庫県伊丹市下河原2-2-13

災害救助犬1頭1日分の食費=約500円

災害時に倒壊家屋や土砂等の下敷きになって、行方が分からなくなった方を探し出すために特殊な訓練を受けた犬「災害救助犬」や、精神的痛手や不安を軽減させ、も う一度前を向く力を与えてくれる「セラピードッグ」の育成と派遣を行うとともに、虐待や飼育放棄等人間の身勝手な理由で傷ついた犬や猫達を救い、一生涯愛情と責 任を持って家族として迎えて頂ける暖かい家庭を探す「動物福祉活動」を行っております。災害救助犬を1頭育成するには1年間に約300,000円の費用がかかりま す。 災害救助犬1頭1日分の食費=約500円

現在

800円 (2 日)

目標額

45000円 (90 日)

サポーター

5

1.8%

Gochisoアプリを使うと、あなたの食事代の10-20%がこの団体に寄付されます。

ダウンロードはこちら


SDGsテーマ

Testing

プロジェクトの説明

災害時に倒壊家屋や土砂等の下敷きになって、行方が分からなくなった方を探し出すために特殊な訓練を受けた犬「災害救助犬」や、精神的痛手や不安を軽減させ、も う一度前を向く力を与えてくれる「セラピードッグ」の育成と派遣を行うとともに、虐待や飼育放棄等人間の身勝手な理由で傷ついた犬や猫達を救い、一生涯愛情と責 任を持って家族として迎えて頂ける暖かい家庭を探す「動物福祉活動」を行っております。災害救助犬を1頭育成するには1年間に約300,000円の費用がかかりま す。 災害救助犬1頭1日分の食費=約500円 。

団体代表

今井 雅子(いまい まさこ)

今井 雅子(いまい まさこ)

日本レスキュー協会が神戸で行っていた街頭募金でこの活動を知り、ボランティアとして関わるようになり、2015年1月に入社。

災害が頻発している今、災害救助犬やセラピードッグの派遣のニーズが高まり、常に次世代の犬達を育成して行く必要があります。また災害が発生した際には、被災 地へ被災動物支援物資をいち早く届ける必要もあります。

私達の活動資金の殆どが皆様からの支援金で成り立っているため、活動を続けていくためには皆様のお力が必要です。

カテゴリー

動物福祉

紹介

動物, チャリティ, 寄付金控除(税制優遇)

ウェブサイト

「犬とともに社会に貢献する」を理念に、災害時に倒壊家屋や土砂等の下敷きになって、行方が分からなくなった方を探し出すために特殊な訓練を受けた犬「災害救助犬」や、精神的痛手や不安を軽減させ、もう一度前を向く力を与えてくれる「セラピードッグ」の育成と派遣を行うとともに、虐待や飼育放棄等人間の身勝手な理由で傷ついた犬や猫達を救い、一生涯愛情と責任を持って家族として迎えて頂ける暖かい家庭を探す「動物福祉活動」を行っています。

おすすめのレストラン