マラソン大会や練習会で、障がい者ランナーと伴走ランナーが着用するビブスを支援

認定NPO法人ぽっかぽかランナーズ

〒665-0854 兵庫県宝塚市売布山手町6-1

1着のビブズ=1700円

マラソン大会や練習会で、障がい者ランナーと伴走ランナーが着用するビブスを購入します。 ビブスをマラソン大会で障がい者ランナーと伴走ランナーが着用して走ることで、共生共存の啓発にもなっています。

現在

13242円 (8 着)

目標額

17000円 (10 着)

サポーター

15

77.9%


ザフラン・スパイスバルにてりほまるさんは110円を寄付しました! 16日前
ザフラン・スパイスバルにてMoe Akashiさんは110円を寄付しました! 24日前
ザフラン・スパイスバルにてああさんは220円を寄付しました! 24日前
DuKKAhにてPhilip Nguyenさんは996円を寄付しました! 28日前

Auto Donate
寄付先プロジェクトに指定する(寄付先プロジェクトに指定すると、これからGochisoを利用して自動的に指定の団体に寄付されます。)

SDGsテーマ

Testing

プロジェクトの説明

マラソン大会や練習会で、障がい者ランナーと伴走ランナーが着用するビブスを購入します。

ビブスをマラソン大会で障がい者ランナーと伴走ランナーが着用して走ることで、共生共存の啓発にもなっています。

団体代表

林 優子

理事長林優子プロフィール
兵庫県生まれ、宝塚市在住。
ドラベ症候群の次男が高校の時、近い将来歩行困難になることがわかり、思い出作りにマラソン大会に参加するようになる。マラソンで得られる達成感にハマり、ぽっかぽかランナーズを設立。次男にさせたかった習い事は障がいを理由に受け入れてもらえなかった経験から、「希望される方を断らない」をモットーに活動しています。著書はハート出版「こころの介助犬 天ちゃん」牧歌舎「特別仕掛けのきよくん」。執筆や講演活動も行っている。

カテゴリー

福祉

紹介

寄付金控除(税制優遇), スポーツ, 子ども, 高齢者, 健康, 福祉

ウェブサイト

私たちはあらゆる障がい者ランナーに伴走ランナーをマッチングして、マラソン大会出場のサポートをしています。特に身体障がい者ランナーには「足こぎ車いす」を使用していただき、自分の足で風を感じていただいています。
「足こぎ車いす」は車いすにペダルがついていて、ペダルをこぐことで、前に進みます。右足・左足のどちらか少しでも動かすことが出来たら、動かすことができるのです。「私の足が動いてる!」と感動される方も多いです。
知的障がいのある方には「社会のルール」を学ぶ場であったり、社会参加することで自立支援にもつながっています。
宝塚と大阪で練習会を開催、年間6~10大会に出場しています。伴走ランナー・ボランティア・障がい者ランナー・家族とクリスマス会やバーベキュー大会、うどん作りなどで交流の場を作っています。
障がいもそれぞれ、年齢も3歳から82歳とバラバラですが、気持ちをひとつにして、目標のゴールに向かって頑張っています。
いろいろな障がいを理解する「ぽっかぽか講習会」を年3回開催し、伴走ランナーの育成と地域貢献にもなっています。

おすすめのレストラン