認定NPO法人ロシナンテス

〒802-0082 福岡県北九州市小倉北区 古船場町1-35 北九州市立商工貿易会館7F

寄付総額

0円

寄付人数

0


最近の寄付はありません。食事で支援しよう!

SDGsテーマ

Testing
Testing
Testing
Testing
Testing
Testing

プロジェクトの説明

医療施設のない村々を回って医療を提供したり、国や地域と協力しながら診療所をつくるだけでなく、給水所の整備や栄養改善など、包括的な保健事業を整備することで、現地の人たちだけで医療を継続できる仕組みづくりをしています。

団体代表

川原尚行

2002年、川原は大使館の医務官としてスーダンに赴任しました。しかし、日本政府は当時内戦中のスーダンへの援助を停止していたため、目の前で苦しむスーダンの患者さんを救うことが許されなかったのです。川原は外務省を辞して、スーダンで医療支援を始めました。これが、ロシナンテスの活動のきっかけです。
スーダンの人々は決して裕福ではない生活の中でも明るく懸命に生き、余所から来た人に対してとても親切に振舞ってくれます。こうした人間性に加え、すぐそばには広大な土地やナイル川という資源もあります。つまり、政治状況が安定さえすれば、スーダンは発展していく可能性を秘めているのです。
もちろん、スーダン以外にもさまざまな国や地域が援助を必要としているのは承知しています。ですが、私たちロシナンテスはこのご縁を大切に、スーダンでの活動を続けています。

カテゴリー

国際開発

紹介

国際, 医療, NGO‎, 人道的な, 健康, 女性, 寄付金控除(税制優遇)

ウェブサイト

ロシナンテスとは

病院がない。医者がいない。
途上国には、厳しい現実がまだまだ存在します。
ロシナンテスは、そのような地域に暮らす人たちに医療を届ける活動を続けています。
医療施設のない村々を回って医療を提供したり、国や地域と協力しながら診療所をつくり、給水所の整備や学校建設、栄養改善など、包括的な保健事業を整備することで、現地の人たちだけで医療を継続できる仕組みづくりをしています。
これまで主にスーダンでこの仕組み整備し、スーダンの人々が「医療」を自分たちのものにするための支援をしています。


ミッション

病院が無いなどの理由で、必要な保健医療が受けられない地域に、医療が届く仕組みを整備することで、一人でも多くの命を救う。 そして、誰もが健やかに生きることができる環境をつくる。


ビジョン

支援した地域の人たちが、「医療」を自分たちのものとし、
地域の人たちだけで医療を継続できる仕組みが根付いている世界。


バリュー

・目の前で困っている人を助ける
・家族の絆と地域の和を大切にする
・一人はみんなのために、みんなは一人のために

おすすめのレストラン