持続可能な開発目標  第1番

いたるところで貧困をなくそう

世界の貧困率は2000年以来半分以上に削減されました。でも、発展途上地域の10人に1人は依然として家族と一緒に生活しており、1日当たり$1.90ドルという国際的な貧困ラインせを下です。

SDG 1 End Poverty

「サハラ以南のアフリカの人口の最大42%が貧困線以下で生活し続けている。」


持続可能な雇用を提供し平等を促進するためには、経済成長が包括的でなければなりません。 被災国の苦痛を軽減し、大きな経済的リスクに直面して支援を提供するために、社会保護システムを実施する必要があります。 これらのシステムは、災害時の予期せぬ経済的損失に対する被災者の対応を強化するのに役立ち、最終的には最も貧しい地域における極度の貧困を終わらせるのに役立ちます。


貧困は、持続可能な暮らしを確保するための収入と資金の不足以上のものです。 その徴候には、飢餓と栄養失調、教育やその他の基本的なサービスへのアクセスの制限、社会的差別と排除、そして意思決定への参加の欠如が含まれます。


SDG 1 Help Children

事実と数字

SDG 1 Family
  • 7億8,300万人が1日当たり$1.90米ドルの国際的な貧困線以下で生活しています。
  • 世界全体では、同じ年齢層の男性100人当たり25〜34歳の女性122人が、極度の貧困状態で生活しています。
  • 世界の5歳未満の子供の4人に1人は彼または彼女の年齢のための不適切な身長を持っています。
  • 2017年には、米国とカリブ海地域の3つの主要ハリケーンを含む災害による経済的損失が3,000億ドルを超えると推定されています。

情報を国連から挙げました

プロジェクトを支援する