持続可能な開発目標  第10番

人や国の不平等をなくそう

国際社会は、人々を貧困から脱却させることに向けて大きく前進している。 最も脆弱な国々 - 後発開発途上国、内陸開発途上国、小島嶼開発途上国 - は、貧困削減への侵入を続けています。 しかし、保健や教育サービスやその他の資産へのアクセスに関しては、格差があり、大きな格差が残っています。

SDG 10 Reduced Inequalities

「社会的保護は世界的に大幅に拡大されているが、それでも障害者は平均の5倍まで壊滅的な医療費を被る可能性が高い。」


経済成長は、それが包括的ではなく、持続可能な開発の3つの側面 - 経済、社会そして環境 - を伴わないのであれば、貧困削減に十分ではないというコンセンサスが高まっています。 幸いなことに、所得格差は国内外で減少しています。 現時点で、データがある94カ国のうち60カ国の一人当たり所得は、全国平均よりも急速に上昇しています。 発展途上国からの輸出品についても同様に有利なアクセス条件を作り出すことに関しては、いくつかの進展がありました。


不平等を減らすためには、政策は原則として普遍的であるべきであり、不利な立場にあり疎外された人々のニーズに注意を払う。 IMFの中で途上国の投票の割合を増やすことに加えて、免税扱いと増加する途上国からの輸出を支持する継続の増加が必要です。 最後に、技術の革新は移住労働者にお金を移転するコストを削減するのに役立ちます。


SDG 10 Reduced Inequalities

事実と数字

SDG 10 Reduced Inequalities
  • 2016年には、後発開発途上国から世界市場に輸出された製品の64.4%以上がゼロ関税に直面し、2010年から20%増加しました。
  • 発展途上国からの証拠によると、人口の最貧困層の20%にいる子供たちは、5番目の誕生日までに最も豊かな五分位数の子供たちよりも最大3倍多く死亡する可能性が高いことを示しています。
  • ほとんどの発展途上国における妊産婦死亡率の全体的な減少にもかかわらず、農村部の女性は都市部に住む女性よりも出産中に死亡する可能性が依然として最大で3倍もあります。
  • 所得格差の最大30%は、女性と男性を含む世帯内の格差によるものです。 女性は男性よりも平均収入の50%以下で暮らす可能性が高いです。

情報を国連から挙げました

プロジェクトを支援する