持続可能な開発目標  第11番

住み続けられるまちづくりを

都市は、アイデア、商業、文化、科学、生産性、社会開発などの中心地です。 最高の状態で、都市は人々が社会的にそして経済的に進歩することを可能にしました。 2030年までに都市内に住む人々の数が50億人に達すると予測されているので、効率的な都市計画と管理の実践が都市化によってもたらされる課題に対処するために整っていることが重要です。

SDG 11 Sustainability

「今後数十年間の都市拡大の95%は発展途上国で起こるだろう。」


土地や資源に負担をかけずに雇用と繁栄を生み出す方法で都市を維持することには、多くの課題があります。 一般的な都市の課題には、混雑、基本的なサービスを提供するための資金の不足、適切な住宅の不足、インフラの減少、および都市内の大気汚染の増加が含まれます。


都市内の固形廃棄物の安全な除去と管理などの急速な都市化の課題は、資源の利用を改善し、汚染と貧困を削減しながら、都市の繁栄と成長を継続できる方法で克服することができます。 そのような例の1つは、都市ごみ収集の増加です。 基本的なサービス、エネルギー、住宅、交通手段などへのアクセスとともに、都市がすべての人々に機会を提供する未来が必要です。


SDG 11 Sustainability

事実と数字

SDG 11 Sustainability
  • 今日のスラム街には8億8,300万人が住んでいますが、そのほとんどが東アジアや南東アジアに住んでいます。
  • 世界の都市は地球の土地の3%しか占めていませんが、エネルギー消費量の60〜80%、炭素排出量の75%を占めています。
  • 急速な都市化は、淡水の供給、下水、生活環境、そして公衆衛生に圧力をかけています。
  • 2016年現在、都市居住者の90%が安全でない空気を吸っており、その結果、周囲の大気汚染により420万人が死亡しています。 世界の都市人口の半数以上が安全基準の2.5倍以上高い大気汚染レベルにさらされていました。

情報を国連から挙げました

プロジェクトを支援する