持続可能な開発目標  第4番

質の高い教育をみんなに

質の高い教育を受けることは、持続可能な開発を生み出すための基盤です。 生活の質の向上に加えて、インクルーシブ教育へのアクセスは、世界最大の問題に対する革新的な解決策を開発するために必要なツールを地元の人々に提供するのに役立ちます。

SDG 4 Quality Education

「世界中で6億1700万人の若者が基礎的な数学と識字能力を欠いています。」


2億6,500万人を超える子供たちが現在学校に通っておらず、そのうち22%が小学生です。 さらに、学校に通っている子供たちでさえ読書と数学の基本的なスキルを欠いています。 過去10年間で、あらゆるレベルでの教育へのアクセスの向上と、特に女性と女児の学校への入学率の向上に向けて大きな進歩がありました。 基本的な識字能力は飛躍的に向上していますが、普遍的な教育目標を達成するためにさらに大きな進歩を遂げるためには、より大胆な努力が必要です。 たとえば、世界では、男女間で初等教育の平等が達成されていますが、すべての教育レベルでその目標を達成している国はほとんどありません。


質の高い教育が不足している理由は、適切に訓練された教師の不足、学校の貧弱な状況、および農村の子供たちに提供される機会に関連する公平性の問題によるものです。 貧困家庭の子どもたちに質の高い教育を提供するには、教育奨学金、教員養成ワークショップ、校舎の建設、学校への水と電気のアクセスの改善への投資が必要です。


SDG 4 Quality Education

事実と数字

SDG 4 Quality Education
  • 発展途上国の初等教育への登録は91%に達しましたが、5700万人の初等教育を受けた子供たちが未就学のままです。
  • 未就学児童の半数以上がサハラ以南のアフリカに住んでいます。
  • 小学校年齢の未就学児童の推定50%が紛争地域に住んでいます。
  • 2016年には、LDCの小学校の34%しか電気を持っておらず、40%未満が基本的な手洗い設備を備えていました。

情報を国連から挙げました

プロジェクトを支援する