持続可能な開発目標  第5番

ジェンダー平等を実現

ミレニアム開発目標(男女間の初等教育への平等なアクセスを含む)の下で、世界は男女平等と女性のエンパワメントに向けた進歩を遂げてきましたが、女性と女児は世界中のあらゆる地域で差別と暴力を受け続けています。

SDG 5 Gender Equality

「男女平等のための予算配分を追跡するために100カ国以上が行動を起こしました。」


男女平等は基本的人権だけでなく、平和で繁栄し、持続可能な世界のために必要な基盤です。 残念なことに、現時点では、15〜49歳の女性と少女の5人に1人が親密なパートナーによる肉体的または性的暴力を12ヶ月以内に経験したことを報告している。 子供の結婚や過去10年間で30%減少したFGM(女性性器切除)などの有害な慣行に関して進展が見られていますが、そのような慣行を完全に排除するためにやるべきことはまだたくさんあります。


女性、女児に教育、医療、ディーセント・ワーク、政治的および経済的意思決定プロセスにおける代表の平等なアクセスを提供することは、持続可能な経済を促進し、社会および人類全般に利益をもたらすでしょう。 職場での女性の平等、および女性を対象とした有害な慣行の根絶に関する新しい法的枠組みを実施することは、世界中の多くの国で流行しているジェンダーに基づく差別を終わらせるために不可欠です。


SDG 5 Gender Equality

事実と数字

SDG 5 Gender Equality
  • 世界では、18歳までに7億5000万人の女性と女児が結婚し、30カ国で少なくとも2億人の女性と女児がFGMを受けています。
  • 18カ国で、夫は妻が働くことを法的に妨げることができます。 39カ国で、娘と息子は平等な相続権を持っていません。 49カ国には、女性を家庭内暴力から守る法律がありません。
  • 15〜49歳の女性および女の子の19%を含む5人に1人の女性および女の子が、過去12ヶ月間に親密なパートナーによる肉体的および/または性的暴力を経験しています。 それでも、49カ国には、女性をそのような暴力から特に保護する法律がありません。
  • 女性が世界中で政治的役職に重要な侵入をしている間、23.7%で国会での彼らの代表はまだ平凡からかけ離れています。

情報を国連から挙げました

プロジェクトを支援する