持続可能な開発目標  第6番

安全な水とトイレを世界中に

すべての人にとって清潔でアクセスしやすい水は私たちが住みたいと思う世界の重要な部分であり、これを達成するのに十分な淡水が地球上にあります。 しかし、経済学の不備やインフラの乏しさのため、子供を含む何百万もの人々が、不適切な給水、衛生、衛生に関連する病気で毎年死亡しています。

SDG 6 Clean Water

「10人に3人が安全に管理された飲料水サービスにアクセスできない、10人に6人が安全に管理された衛生施設にアクセスできない。」


水不足、水質の悪さ、不適切な衛生管理は、世界中の貧困家庭の食料安全保障、生計手段の選択、および教育の機会に悪影響を及ぼす。 現時点では、20億人以上の人々が淡水資源へのアクセスの低下のリスクを抱えて生活しており、2050年までに少なくとも4人に1人が慢性的なまたは不足する淡水の影響を受ける国に住む可能性があります。 特定の干ばつは、世界で最も貧しい国々の一部を苦しめ、飢餓と栄養失調を悪化させます。 幸いなことに、過去10年間で飲料水の供給源と衛生に関して大きな進歩がありました。これにより、世界の人口の90%以上が改善された飲料水の供給源にアクセスできるようになりました。


衛生と飲料水へのアクセスを改善するためには、サハラ以南のアフリカ、中央アジア、南アジア、東アジア、東南アジアのいくつかの途上国で、地方レベルで淡水生態系と衛生施設の管理への投資を増やす必要がある 。


SDG 6 Clean Water

事実と数字

SDG 6 Clean Water
  • 女性と女児は、敷地内の水にアクセスできない世帯の80%で集水を担当しています。
  • 水不足は世界の人口の40%以上に影響を及ぼし、増加すると予測されています。 現在17億人以上の人々が水の使用量が涵養量を超える河川流域に住んでいます。
  • 人間の活動に起因する廃水の80%以上が、汚染除去なしで河川や海に排出されています。
  • 毎日、予防可能な水と衛生関連の下痢性疾患により、約1,000人の子供が死亡しています。

情報を国連から挙げました

プロジェクトを支援する