持続可能な開発目標  第7番

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

エネルギーは、世界が今日直面しているほぼすべての主要な課題と機会の中心です。 雇用、安全保障、気候変動、食料生産、収入の増加など、あらゆる人々のためのエネルギーへのアクセスが不可欠です。 この目標に向かって取り組むことは、他の持続可能な開発目標と相互に関連があるので特に重要です。 エネルギーへの普遍的なアクセス、エネルギー効率の向上、および新たな経済的機会および雇用機会を通じた再生可能エネルギーの使用拡大に焦点を当てることは、より持続可能で包括的なコミュニティの創出と気候変動などの環境問題への回復力に欠かせません。

SDG 7 Clean Energy

「世界人口の13%がいまだに現代の電力にアクセスできない。」


現在のところ、清潔な調理液へのアクセスがなく、危険なレベルの大気汚染にさらされている約30億人の人々がいます。 さらに、10億人弱の人々が電気なしで機能しており、その50%がサハラ以南のアフリカだけで発見されています。 幸いなことに、水、太陽光、風力からの再生可能エネルギーの使用に関して過去10年間で進歩が見られ、単位GDP当たりのエネルギー使用率もまた減少しています。


しかしながら、挑戦はまだ解決されておらず、クリーンな燃料と技術へのより多くのアクセスと再生可能エネルギーをビル、輸送と産業における最終用途に統合することに関してより多くの進歩がなされる必要がある。 公共および民間のエネルギー投資も増加させる必要があり、世界のエネルギーシステムを変革するためには、規制の枠組みと革新的なビジネスモデルにより重点を置く必要があります。


SDG 7 Clean Energy

事実と数字

SDG 7 Clean Energy
  • 30億人が料理や暖房に木、石炭、木炭、動物性廃棄物に頼っています。
  • エネルギーは気候変動の主な原因であり、世界全体の温室効果ガス排出量の約60%を占めています。
  • 家庭用エネルギーに可燃性燃料を使用することによる室内空気汚染は、2012年に430万人が死亡し、女性と女児はこれらのうち10人に6人を占めた。
  • 最終エネルギー消費における再生可能エネルギーの割合は、2015年に17.5%に達しました。

情報を国連から挙げました

プロジェクトを支援する