持続可能な開発目標  第8番

働きがいも経済成長も

世界の人口の約半分がいまだに1日2ドルに相当し、世界の失業率は5.7%で、仕事をしても多くの場所で貧困から脱することができるとは保証されていません。 このゆっくりとした不平等な進歩には、貧困撲滅を目的とした経済社会政策を再考し、見直すことが必要です。

SDG 8 Decent Work

「公の生活の中で彼らの存在感が高まっているにもかかわらず、女性は男性の2.6倍の無給ケアおよび家事労働を続けていると述べた。」


ディーセント・ワークの機会の不足、不十分な投資、そして消費不足は、民主的社会の根底にある基本的な社会契約の衰退を招きます。 世界の一人当たり実質GDPの平均年間成長率が年々増加しているにもかかわらず、発展途上国には成長率が減速し、2030年に設定された7%成長率目標からさらに遠く離れている国がまだあります。 労働生産性が低下し、失業率が上昇すると、賃金の低下により生活水準は低下し始めます。


持続可能な経済成長は、社会に環境に害を与えずに経済を刺激する質の高い仕事を持つことを可能にする条件を社会に創造することを要求するでしょう。 全労働年齢人口には、雇用機会とまともな労働条件も必要です。 収入を管理し、資産を蓄積し、生産的な投資をするために、金融サービスへのアクセスを増やす必要があります。 貿易、銀行取引、農業インフラへのコミットメントの増加は、世界で最も貧しい地域における生産性の向上と失業率の低下にも役立ちます。


SDG 8 Decent Work

事実と数字

SDG 8 Decent Work
  • 世界全体では、2016年に全労働者の61%が非公式雇用に従事していました。農業部門を除くと、全労働者の51%がこの雇用カテゴリーに入りました。
  • データがある45カ国のうち40カ国で、男性は女性より12.5%多い収入を得ています。
  • 世界の男女間賃金格差は世界全体で23%であり、決定的な行動をとらない限り、平等な賃金を達成するにはさらに68年かかるでしょう。 女性の労働力参加率は63%で、男性の労働力参加率は94%です。
  • 2016年から2030年の間に労働市場に新規参入するには、世界で4億7000万人の雇用が必要です。

情報を国連から挙げました

プロジェクトを支援する